調理師

調理師とは

調理師は国家資格であり、
調理師試験に合格して調理師名簿に登録することでなれます。

調理師になれば、調理師として調理をすることができるようになり、
主に外食産業で仕事をしていることが多いです。

安全に料理を作ることができるかどうかを国家試験で試されます。
調理師でないとできない仕事というのは特にありません。

しかし、調理師の名称を用いることができるので、
それだけでも価値があるとされています。

調理師試験では食品学や栄養学、
公衆衛生学といった試験科目があります。

単に料理を作るために必要な知識だけではなくて、
衛生面に対する理解が重要となります。

調理師は単に料理を上手く作れる人ではなくて、
人々に安全な料理を提供できる人だからです。

調理の仕方を誤れば多くの人を危険な状態にしてしまう可能性があるので、
衛生学の知識を持った調理師は必要となります。

調理師試験の難易度

調理師試験は合格率が50%を超えていることがほとんどです。
それほど難しいわけではないので、
きちんと試験勉強をすれば合格できるでしょう。

調理師試験の科目は他人に料理を提供する立場にいる人間ならば、
絶対に知っておくべきことばかりなので、
実際の業務を想定しながら学習を進めるべきです。

そうすることで、より頭の中に入りやすくなります。

調理師試験を受けるためには調理業務の経験が2年以上必要です。
また、調理師養成施設を卒業したものならば、
試験を受けずに調理師免許を取得できます。
試験勉強をする時は過去問をチェックしましょう。

また、日本調理師会が事前講習会を開催しているので、
それに参加すれば試験合格のためのポイントを学べます。

試験合格のために様々な機会を利用しましょう。
試験はマークシート方式となっているので、
ちゃんと理解しておけば問題をすらすら解けます。

調理師免許が役立つ職場

調理担当者を募集している企業の中には、
調理師免許の取得を義務付けているところがあります。

そのような職場ならば、免許を活かすことができるでしょう。

また、調理師を取得している人が手当をもらえる場合もあります。
昇進するために調理師免許を取ることを義務付けている職場もあり、
活用の場は広いです。

調理師は栄養や衛生に関する知識を有していると認められています。

そのような人材を求めている会社はたくさんあるのです。
レストランや食堂などで料理を作るだけではなくて、
たとえば、学校や病院で給食を作る調理師もいます。

一般企業から公共施設まで幅広い職場で仕事をしているのです。

料理を作る仕事に就きたい方やキャリアアップを目指したい方は
調理師になることはとても有利になります。