保育士

子供の成長を助け、促す大切なお仕事の「保育士」

保育士とは、保育園をはじめとする施設で
子供の保育を行う仕事のことを言います。

今は共働きの夫婦が増加しており、
「子供を保育園に入れたい」と考えている人も増えていますよね。

そんな中で、子供の保育に携わる保育士の仕事は
需要が高まっていると言われています。

保育士の仕事は女性が中心となっているので女性が働きやすく、
輝けるということで人気が集まっています。

子供の保育をするのは、本当に大変なことになるでしょう。
でも、子供の保育をする中で成長をみることが
できるなど感動も多い仕事ですので、目指す人は少なくありません。

何より、保育士は結婚して子供を産んでも続けられる仕事ですので、
そういった点にメリットを感じて保育士になる人も増えています。

保育園だけじゃない、保育士が働く場所

一般的に、「保育士」というと「保育園で働く」というイメージがありますが、
保育士が働くのは保育園ばかりではありません。
たとえば、障害児が通う療育施設で働く保育士がいます。

障害児の自立を促すためにある療育施設では、
子供に対する接し方のプロフェッショナルである保育士の力が
どうしても必要になります。

また、他にも児童養護施設で働くなど、
保育士が働ける現場には多くの種類があることが知られています。

「結婚しても仕事をしたい」「再就職に有利な資格が欲しい」と考えたとき、
保育士の資格はメリットが大きいのではないでしょうか。

保育士は国家資格です

保育士は国家資格ですので、なるには国家試験を受けなければなりません。
ただ、一説によれば「保育士の資格試験はそこまで難易度が高いものではない」と言われています。
試験はマークシート形式で行われていますし、問題の中で6割を正解すればOKです。

ただ、実技は「音楽」「造形」「言語」から学ばなければなりませんので、
この点は困らないようにしっかりと練習しておきましょう。

これらの実技は、実際に保健師になったあとも使うことになるので学んでおく必要があります。

保育士の仕事は「人を育てる」という意味での大変さがありますが、
それだけでなくやりがいや楽しさもちゃんとあるお仕事です。

子供たちが大きくなり、
保育園を巣立っていくのを見るのは感慨深いものもありますよね。

子供たちの成長を見守り、
また育っていくお手伝いをすることができるのも保育士です。
貴い仕事である保育士は、
今後も日本になくてはならない資格として残るでしょう。