管理栄養士

管理栄養士とは

管理栄養士とは国家資格であり、
独自の業務に取り組むことができます。

病人に対して栄養の指導をする、
健康増進のために栄養についての助言をするといった仕事があります。

他にも、特定の施設での給食管理や栄養改善のための指導をすることもできます。
人々の健康を栄養の観点から守っていくことができる人のことなのです。

管理栄養士の国家試験を受けるためには、
まず栄養士の免許が必要となります。

取得方法には様々な条件があるのでチェックしましょう。

国家試験の受験資格を満たしていて、
実際に試験で合格することによって、
管理栄養士として働けるようになります。

栄養に関するスペシャリストになれるのです。

管理栄養士の難易度

合格率に関しては年度によってばらつきがありますが、
ほとんどの年で50%を下回っています。

問題数は200問であり、幅広い試験科目が存在しているので、
それらに十分に対応する必要があるのです。

合格率は低いですが、きちんと講座を受けて、
対策に取り組んでいる人は合格できています。

試験科目は栄養学が中心となっています。
それ以外にも人体の構造についての設問や、
給食経営に関する設問もあります。

これらは管理栄養士としての業務をする上では欠かせない知識となるので、
将来自分が働くことを想定してきちんと学んでおきましょう。

要領よく試験勉強をして、国家試験に備えることが大切です。

管理栄養士が働く職場

様々な活躍の場があるのが管理栄養士です。

医療施設や福祉施設、
小学校などで食事や栄養の管理の仕事をしています。
企業に所属していることもあるので、よく求人を探すべきです。

たとえば、食品会社が研究開発をするためには管理栄養士が必要となります。
栄養のスペシャリストから意見を聞く必要があるからです。

サプリメントや健康食品などを多くのメーカーが販売していますが、
この開発に管理栄養士が大きな役割を果たしているケースがあります。

現在開発している食品の安全性を証明したり、
健康に必要な栄養成分は何なのかをアドバイスするような仕事をしているのです。

スポーツ選手の栄養管理をする仕事や
フィットネス施設での栄養相談の仕事をしている人もいます。
幅広い活躍の場が存在しているのです。

管理栄養士以外の資格について

管理栄養士は国家資格なので、
これを所持していれば就職にとても有利となります。

それに加えて、
栄養や食事に関する資格を取得すると仕事の幅が広がるかもしれません。

フードコーディネーターや公認スポーツ栄養士といった資格があります。
管理栄養士以外にも資格の取得を考えてみましょう。

新しい知識を得ることができて、様々な点でプラスとなります。