税理士

税に関するプロフェッショナル・税理士

人気のある資格の中でも、有名なのが税理士資格ですね。
税理士の資格は国家資格ですが、資格自体がわりといろいろなところで使えるので、
取得を目指している人が非常に多いと言われています。

確かに、日常生活の中でも税理士に関わることってわりと多いですよね。

士業の資格はわりとどれも人気がありますが、税理士の人気はトップクラス。
多くの人が合格を目指して日々頑張っています。

では、まず税理士の仕事内容からみていきましょう。

税理士の仕事は、つまり「税金」に関わる仕事です。
大きな企業だと、
専任の税理士を雇って納税の額を算出するなどしていることが多いですね。
とある記事によると、
大企業では優秀な税理士を引きぬいて税務管理をさせることが
増えているとありました。

なぜなら、今の日本企業は日本のみならず海外で仕事をすることがふえ、
税の手続きがより複雑になっているケースが多いため。

もちろんどんなことがあっても税金は
正しく支払わなくてはなりませんので、
信頼できる税理士に任せてきちんと納税を済ませられるようにしたい、
と考えるところが増えているそう。

一方で、中小企業や個人事業主とも税理士はお仕事をしています。
個人で働く人が税金をおさめる「確定申告」では、
年間の収入のみでなく経費なども算出して提出をしなければなりません。

申請をするときに間違ってしまうと大変なことになるため、
税理士にお願いをして申請をしてもらうということになります。

税金は日本に住んでいる以上誰もが払わなくてはならないものです。

その支払いが円滑に正しくおこなわれるように、
税理士はしっかりと力を貸してくれます。
いざという時に頼りになる存在ですし、
受容も大きいので税理士になりたいと考える人が多いのでしょうね。

難易度は相当のもの

税理士の試験の難易度は相当のもの。
かなり難易度がたかい問題が出題されますので、
まず適当に勉強をしていては受かりません。

しかし、税理士試験は「一部科目合格制度」を取り入れていますので、
全科目を5年ですべて合格できれば
取得することが可能です。

ただ、長い時間をかけて試験勉強をするというのも辛いですから、
できれば5年より早く合格をしたいものですね。

難易度が非常に高い試験だからこそ、
しっかりと勉強をしなければまず受かりません。

税理士試験合格を目指す人は、
まず過去問題をしっかりと調べた上できちんと合格のための勉強をしていきましょう。